スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレメントライダー8話

「言ったはず。俺の中に愛は存在しないと…。長年苦しめられた甲斐があったよ…、だから俺は…、

憎しみから生まれた戦士、デビルライダーになれた。愉快だ。俺を苦しめに来たんだろ、さっさと苦

しめろ…。そうすれば俺はもっと強くなる…。」

この発言を聞いたヒカルは言った。

「あなたは私を助けてくれた、今度は私があなたを助ける。」

彼女はカードデッキから一枚、無色の戦士のカードを取り出した。

「変心…。」

の掛け声とともに彼女はコピーエレメントにカードを挿入。

「彼女が変心したって事は、えっ、嘘だろ…。」

なんと彼女が僕に殴りかかって来た。思いがけない事だった。ヒカルのパンチを素早く受け取った僕

もカードデッキから黒い戦士のカードを取り、コピーエレメントに挿入。

「悪魔の力を見せてやる…。変心…。」

その後、僕は彼女を蹴り飛ばした。

「バカ、何やってんだ。さっさとその場で謝れっ。おいっおいっ聞いてんのかよ。」

と黒い戦士の能力を持つ僕に対して、怒鳴り散らしたが全く聞こえていない。

「こいつを使って遊ぶか、ゲーム開始。」

全く見た事のないカードを挿入した。スピードリミット(最高速度)と英語で表示されていた。その

カードをバックルに挿入した僕は急に動きが速くなった。そして即座に立ち上がった彼女の背後に回

り込み、殴り技のサンダーナックルを食らわせた。その後も彼女の周囲を回り、サンダーナックルを

食らわせる中、ますますスピードが上がっていく。

「こんな危険な能力を持つカードがあるなんて、考えた事もない。」

そう思った時、

「お前の考えは既に分かっている。」

再び誕生した、六人目のファイターが。

 目が覚めた。

「あの後ヒカルはどうなったんだろう。あの自分は彼女を殺してしまったのだろうか。あのカードは

実在するのだろうか。」

沢山の疑問が浮かんできた時、謎のファイターが、

「お前は彼女の事が好きなんだろ。その半分の愛で一人の人間を誰よりも一生懸命に愛する、愛した

いという気持ちがあれば、お前は人を殺さない…はずだ。」

と言った。確かに彼は僕の本当の気持ちを誰よりも理解している。

「君の実力は素晴らしい物だ。その能力を大事にしたら良いと思うよ。」

と彼を褒めてあげた。すると彼は言った。

「お前も、その半分の愛を大事にしたら良いと思う…。」

と。

「君は。」

「エレメントライダーウォーター…。」

その時から、彼は僕を疑っていた。彼に

「君のデータを教えてよ。何でも良いから。」

「以前の俺はウォーター界の住人だったが…、いろいろあってな。

 俺は学校に通っていた、最新技術や平和について学ぶために。とにかく…、毎日が楽しかった、楽

園だった。

 でもある日、俺は学校が終わり下校している途中、友達や警察官、さらに家族や自衛隊までが武器

を持って追いかけて来たんだ…、俺を殺すために…。だから俺は自分の居場所と仲間を求め、ウォー

ター界を逃げ回った。

 そしてついに逃げ場を失ってしまった時、俺は古びたコピーエレメントを見つけた。装着した時、

俺はエレメントライダーになり、沢山の次元を通過してカードになってしまった。そしてお前のカー

ドデッキに入った。」

格好良さに優しさが入り混じった新しいタイプのファイターが僕の仲間になった時、

「これで安心だ。完全に愛を取り戻す時が来たようだ。これでヒカルをもっといやもっともっともっ

と愛せるはず。」

と思ったが、その考えがもう一つの危険なライダーシステムを発動させる原因になるのである。







さてついに戦いが始まりました
まさか初戦の相手がヒカルだとはだれも思わなかったでしょう
これからもっと闘う機会が増えるそうなので楽しみに待っていてください
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もっと臨場感が欲しい、冲方丁の作品とか参考にすると面白いかも
ウォーター界とかそれぞれの世界には一つしか国がないの?それとも地球のようにたくさん国があるの?自衛隊がでてきたけどそれは何から何を守るためにあるの?日本のように専守防衛なの?武装は日本の自衛隊とはちがうの?
以上、質問と文句がすきなPAD長でした。

No title

 仕方ありません、私の書き方が悪いのでね。
 1,ウォーター界は一つの国です。
 2,宇宙外生命体からウォーター界を守っています。
 3,そうですね、日本と同じ専守防衛ですね。
 4,武装は全く違います。もっと軽いです。
以上、すぐに回答できなかった天道遼太郎でした。

No title

ついにきターーーー、コのとき。ていうかなんで助ける人と戦ってんだーーい

No title

思ったんですけどこれはまだほんとの戦いではないんですね。夢ですね。
それにしても…9話が楽しみ、っです。
音楽(選択してね)
Copyright(C)2006 製作者:るぅー
プロフィール

吉田 た

Author:吉田 た
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vivid2巻(ヴィヴィオ)
twtter
フリーエリア
Powered by FX-WOM
TOHO CLOCK
お世話になっている方々のリンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
常に1
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
拍手
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ヴィヴィッド2巻(アインハルト)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。