スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレメントライダー3話

一日早いですが多くの方が続きを待っているようなので今日書きます







その晩、夢に出て来た。床がマス目で、一本だけ青黒い大きな柱が立っている。幼い頃にもよく見ていた怖い夢だが、その時とは違っていた。とても高い柱の上が虹色に光っていて、その柱が僕に近づいてくる。何が起こるか分からなかった。僕の前で急に柱が止まり少しずつ短くなった。柱の上には虹色に光り輝く、ベルト状の物を持った女性が立ち、子供が毛布に素早く抱きつくみたいに、僕を抱きしめた。 女性は僕の大好きなヒッキーさんだった。だが彼女は笑顔ではなく、助けを求めている表情だった。何かメッセージを送ろうとしているのか、彼女としばらく見つめ合った。そして僕の手を握り、虹色に輝いているベルト状の物を渡してくれた。僕は、
「これは何だ。」
と尋ねたが、その言葉は全然通じなかった。
「そうか、ここは言葉が通じない空間なんだ。」
と思い、尋ねる事を顔の表情に込め、見つめた。すると思いが通じたのか、彼女は床のマス目に手を伸ばし、何かを引き上げた。それは半透明で不格好な柱だったが、ただの柱ではない。そこには誰かと戦う自分の映像があった。
「この柱に映っている自分は未来の自分。」
と思った。その未来の自分の背後には誰かがいる。はっきり見たが結局誰かは分からず映像が乱れて見えなくなってしまった。
「あれは一体何なんだ。」
と思った。
 半透明の柱はゆっくりとマスの底へ沈んでいった。どうやら彼女は、誰かを守るために戦ってほしいと望んでいるようだった。
「助けなければならない人物、それは誰だ。なぜ俺が戦わなければならないんだ。」
と心の奥で呟いた。すると彼女は僕の心を瞬時に読み取ったのか、心の声で返事が返って来た。
「未来の私の命を救って…。」
「なぜ俺なんだ、俺じゃなくても。」
「あなたしかできない、その時の私を救えるのは。お願い、助け…。」




微妙なところで終わっていますが今日はここまで
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

世界が何となく分かった気がします。もしかして、あとでこの世界が自分の世界と分かる時がくるんでしょうか?

No title

さてどうでしょう

実は僕もまだ知らないんです

No title

そこまで話は書いてないです。これからの展開は僕の運命次第ですからね。
音楽(選択してね)
Copyright(C)2006 製作者:るぅー
プロフィール

吉田 た

Author:吉田 た
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vivid2巻(ヴィヴィオ)
twtter
フリーエリア
Powered by FX-WOM
TOHO CLOCK
お世話になっている方々のリンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
常に1
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
拍手
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ヴィヴィッド2巻(アインハルト)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。