スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレメントライダー15話 「コンビに強盗!」 東方*遊戯王始まり偏4話 「大吉登場!」

今回は同じ記事に載せてみました!!
 
長くなりますがご了承を・・・

ちなみにこの前のはフレイムです! ちょっと簡単だったかな?



走ってくる強盗はナイフを振り回し、それに向かって相手の動作をマークしたサンダーも走り出す。

ナイフを振り下ろされる瞬間、背後に回る。

「これは草原でヒカルと戦ったときと同じ。」

あの時と同じように強盗の周囲を回り、サンダーナックルを食らわせた。

「嘘だろ、そんな夢を見たのは。坊ちゃんは大事な人にそのような事はしないぜ。うーん、ずっとこれだと楽しくないね。
エアー交代だ、変心。」

しかし変心は不可能だった。サンダーも解除された。応答もなかった。

「どうした皆っ。しょうがねー、ここは俺の力で。」

新しいカードが出現した。「ドラスティックエレメントライダー(激烈なエレメントライダー)」を挿入。

「うっ、だああああーっ。」

とても苦しむ僕。すべての記憶が蘇り、悲しみや怒り、憎しみが心の中で暴れだしていた。

「あばよ、馬鹿な少年さんよっ。」

強盗が刺そうとした瞬間、背後に回りこみ、

「タイムブレイカー(時の破壊者)」を挿入した。

「愛も、光も、時も、思い出も、俺は焼き払う…。」

相手の顔面を殴る僕。その握り拳には愛への強い憎しみがこもっていた。

 強盗を引きずり出して、駐車場の中央で戦った。近くの工事中の駐車場から、長い鉄パイプを取った。

走っていく僕は棒高跳びのようにパイプをついた。空中に浮いた、瞬時に右足を出した。

「どわーっ。」

顔面に直撃。しばらくするとパトカーのサイレンが聞こえてきたからすぐに自転車で帰る事にした。

「待って、ごめんなさい。いじめた事は後悔しているの。どうか許してください。」

見覚えのある女が言って来た。多分、浜崎さんとか言う人間だったと思うが…。

「黙れ、それよりお前誰。」

「何で他人扱いなの。」

「ああーっもう黙れっ。誰も俺の気持ちなんか、わかってくれない。」

「また友達になって…。」

「うるせえっ、何が友達だ。他人の話す暇なんかないんだよ。」

怒鳴って自転車に乗り、挿入したカードをすべて抜いた。

「お前、悲しい顔してるなぁ。何でだ。」

ドラスティックエレメントライダーもカードを見て告げた。

当然返事は返ってこない。

 警察が来る前に家に帰った。
 
 帰宅した僕はエレメントライダーたちに話しかけた。

しかし、彼らは本当の戦闘用カードとして封印されてしまった。

だから、返事は返ってこない。

何が原因で彼らは消えたのかわからず、悲しみと怒り、悔しさを感じる僕。

「そうか、俺はあいつらと約束したんだっけ、泣いたら負けと。うん、俺は泣いたりしないぜ、きっと。」

自分を慰める気持ちは一つも変わらなかった。

 翌日もこの気持ちは変わらなかった

 2日後終業式で学校に行った。

校内ではコンビニの前で戦った男の話題が流行していた。

まぁあんな事件どうだって良い。

 午前九時体育館で終業式が始まった。

校長先生の話にまたコンビニの前での出来事の話題がでてきた。

「この学校の英雄である生徒は静かに挙手をお願いします。」

校長が行ってすぐに手を上げた男子生徒がいた。

中谷健斗の弟である生徒だった。

「あそこの兄弟よく嘘をつくらしいぞ。」

近くの生徒が小声でほかの生徒に言っている。

中谷健斗の弟はステージの上ではな束を受け取り、インタビューを受けていたが、なかなか質問に答えることができてなかった。

「そうやって恥をかくが良い。」

僕は思った

 帰宅してから着替え、すべてのグラスカードを見た。

そのとき、気付いた。体が少しずつ消えていることに。

体だけではない、コピーエレメントにカードデッキ、すべてのグラスカードも消えているのだ。

2分もたたない内に、体が消えてしまった。




------------------------------以下東方*遊戯王------------------------------------------



ルナは手札のワタポンを捨てた

魔理沙「なに!! 畜生攻撃するしかないか まぁいい2500は超えないだろう! ブラックマジシャンで攻撃!!」

ルナ「正体はこいつよ!!」

めくってみるとウルトラレアのマシュマロンだった

ルナ「こいつはね?戦闘では破壊されないのよ!! しかも裏側のこいつが攻撃されたとき相手に1000ダメージ!!」

8000?1000=7000

魔理沙LP:7000

魔理沙「何だって!! 畜生何も出来ね?ターンエンド!!」

”魔理沙 

手札2枚 

ライフ7000 

場 攻・ブラックマジシャン 攻・王立魔法図書館 フィ魔・魔法都市エンディミオン:カウンター*1 ”

ルナ「私のターンドロー!! 私はマシュマロンを生贄に 光神テテュス召還!!(以下テテュス) 王立魔法図書館に攻撃!!」

0?2400=?2400

7000?2400=4600

魔理沙LP:4600

ルナ「ターンエンドよ!」

このとき魔理沙はルナが重大なミスを犯しているように見えた 

それはテテュスの攻撃力が2400だということだった

しかしこのときルナは魔理沙に対して罠を張っていた

”ルナ

ライフ8000

手札4枚

場 攻・テテュス”

魔理沙「ここまでは負けてるがここから大逆転だぜ!! ドロー!!」




場面は変わってもとの世界(以下あっちの世界)

??「よし!準備が終わった!」

紫「そろそろいけるかしら?」

紫もあっちの世界にきていた

??「大丈夫ですよ!」

紫は再び隙間をあけ幻想郷に帰ってきた



戻ってディエル

ルナ「何いってんのよ! このライフの差をどうやって??」

魔理沙「ライフはこっちが負けてるよな? だったらこれを使うぜ!装備魔法巨大化!」

ルナ「何よそのカード!」

魔理沙「こっちのライフが下のとき装備モンスターの攻撃力を倍にする!! よって5000!!」

ルナ「攻撃力5000って!!」

魔理沙「攻撃!!」

魔理沙は何も考えず攻撃した

ルナ「引っかかったわね!手札からオネストの効果発動!! 

光属性モンスターへの攻撃力を攻撃したモンスターの攻撃力分アップするわ!!」

魔理沙「何!!」

7400?5000=2400

4600?2400=2200

魔理沙LP:2200

魔理沙「ターンエンド」

”魔理沙

LP2200

手札2枚

場 フィ魔・魔法都市エンディミオン:カウンター2”

そこへ誰かがやってきた

??「おお!早速楽しんでくれてるみたいだね 」

霊夢「あなた誰?」

??「賽銭入れていった 大吉です!」

霊夢「あなたがいれて言ってくれたの!?」

大吉「うん そうですよ ところで今どうなってる?霊夢」

霊夢「魔理沙が負ける直前みたいよ ってどうしてあなた私たちの名前知ってるの?」

そこにタイミングよく紫が現れた

霊夢「そういうことね・・・わかったわ 」


ルナ「私の勝ちね! ドロー 攻撃!!」

2200?2400=?200

魔理沙敗北!

魔理沙「あ?あまけちっまた」

ルナ「やったー 勝ったー」

大吉「ねぇ つぎ俺とディエルしない?」

大吉は少し笑いながらいった

ルナ「いいわよ!!」

このときルナは悪夢を見ることになることなど考えてなかった



今回登場カード

装備魔法(制限カード)
自分のライフポイントが相手より下の場合、
装備モンスターの攻撃力は元々の攻撃力を倍にした数値になる。
自分のライフポイントが相手より上の場合、
装備モンスターの攻撃力は元々の攻撃力を半分にした数値になる。

効果モンスター(制限カード)
星3/光属性/天使族/攻 300/守 500
フィールド上に裏側表示で存在するこのカードを攻撃したモンスターのコントローラーは、
ダメージ計算後に1000ポイントダメージを受ける。
このカードは戦闘では破壊されない

効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻2400/守1800
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分がドローしたカードが天使族モンスターだった場合、
そのカードを相手に見せる事で自分はカードをもう1枚ドローする事ができる。

効果モンスター(準制限カード)
星4/光属性/天使族/攻1100/守1900
自分のメインフェイズ時に、フィールド上に表側表示で存在する
このカードを手札に戻す事ができる。
また、自分フィールド上に表側表示で存在する光属性モンスターが
戦闘を行うダメージステップ時にこのカードを手札から墓地へ送る事で、
エンドフェイズ時までそのモンスターの攻撃力は、
戦闘を行う相手モンスターの攻撃力の数値分アップする。



------------------------------------------------------------------------


大吉さんの意見を採用させていただきました

あと今後オリカもて来ます!

まぁどちらかというと使いずらいカードにするつもりです





いきなりですが誰でしょう

IMG_0018.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ルナが勝ったことが信じられない

No title

はあ?緑って誰??エレメントライダー?マイケルお前の考えはどうだ?!

No title

えーっと…0960、俺にも分からないぜ!!緑って何だよ!!!???


     しらねーzzzぞーーー!!!!!!!?

No title

  RUNA!
 「そろそろ、私の出番ね!いくわよっ!」

No title

METAL!ハハハ、ようやく出会えたぜ、俺のメモリ!

No title

TRIGGER! ゲームスタート…。

No title

HEAT! やっぱり私は、初めに会ったこの子かな。

No title


WEATHER!良いんですか?そんな約束をして…。

No title

 実際にこのような事があったら、こんな簡単な戦い方をしないと思います。

No title

 私がいつか、この話に出てくる天道遼太郎のようなふうになる事を、心から強く願います。

No title

TELLER!ハッハッハッ。見たまえ、冴子、若菜、これが真のミュージアムの力だ!

No title

いかにも手作り感が感じられますねwwwでもこういうのも良いかも。

No title

天道遼太郎さんへ
こんにちわ\(^o^)/

No title

「あら、あなた以外とイケメンなのねっ!強くてイケメン…嫌いじゃないわっ!!」
                  byルナドーパント

No title

俺は、通りすがりの仮面ライダーだ!

No title

「おやおや、通りすがりの仮面ライダー門矢士君ではないですか。」
                    by井坂深紅郎

No title

なぜ、バレたんだ!?

No title

 分かりますよ。君の正体くらい…。

No title

「私を、見抜いたものは帰れないぞ」
              byナイトメア

No title

「さあ、お前の罪を…数えろ…。」
                 by鳴海荘吉

No title

「さあ、お前の罪を数えろ!」
    by翔太郎&フィリップ

No title

天道さんすみません・・・<(_ _)>

No title

エレメントライダーの最も有名な台詞ってありますか?
音楽(選択してね)
Copyright(C)2006 製作者:るぅー
プロフィール

吉田 た

Author:吉田 た
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vivid2巻(ヴィヴィオ)
twtter
フリーエリア
Powered by FX-WOM
TOHO CLOCK
お世話になっている方々のリンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
常に1
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
拍手
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ヴィヴィッド2巻(アインハルト)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。