スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方×遊戯王 始まり偏3話 「魔理沙VSルナ」

三話です早速いきます!


スター「カードみたいね? それとその説明書 」

サニー「え?と なになに カードの説明? え?と種類は モンスター 魔法 罠 の三種類だって」



スター「LV4以下・・・ ああこういうのねは生贄なしで召還できて・・・」

ルナ「LV5・6は1体の生贄・・・」

サニー「LV7以上は2体ねっ!」

スター「モンスターは通常モンスターと効果モンスター あとシンクロモンスターと融合モンスターっているのがいるらしいわ!

魔法やトラップも細かく種類が分けられてるみたい!!」

サニー「ライフポイントっていうのがあるみたいね え?と8000から始まって0になったら負けね」

こうして3人はルールを覚えた!

ルナ「よし!!ルールは大体覚えたわ 誰か勝負しましょう!!」

スター「待って! さっき神社のほうから何か声が聞こえたわ そっちに言って見ましょ!」

サニー「もしかしたら カードゲームやってるかも!? おんなじようににカードがとどいてて・・・」

ルナ「いっていましょう」

そのころ神社では2戦目が行われていた

霊夢「さっきから思うんだけど・・・ あんたちょっと超え大きすぎじゃない? 特にドローの時」

魔理沙「そうかな・・・ まぁいいじゃないか!」

霊夢「悪くは無いけど・・・ あとこの攻撃がで終わりよ!!」

魔理沙「負けた?」

サニー「ほら!! なにかやってる! ドロー!!!って」

スター「ホントにカードゲームしてるみたいね!?」

そのとき魔理沙が三妖精に気づいた そして近づいていってかくにんした

魔理沙「なにやってんだ!?」

ルナ「そっちこそなにやってんのよ!」

魔理沙「カードゲーム!! 今日朝賽銭箱に入っててな!!」

そういって魔理沙はカードを見せた

サニー「あっ! それ私たちも今日なんか朝届いてた!!」

魔理沙「おお!!そうかなら一戦しようぜ!! 誰が相手だ?」

ルナ「私がするわ!!」

こうしてルナVS魔理沙のディエルが始まった

先攻は魔理沙がとった



そのころ幻想郷中で同じようなことが起きていた




?「やっと終わった! さて紫さんに頼んで一度もとの世界に戻るかな 自分のデッキ多すぎて一度には運べなかったし・・・」

紫「お疲れ? これで幻想郷でカードゲームがはやりそうね」

?「そうですね? 一度家に帰りたいんですけど」

紫「わかったわ」

そういうと紫は隙間を空けた  謎の幻想郷にカードをバラまいた本人だとおもれわる謎の男はその隙間に入ってもとの世界に帰ってきた





戻ってルナと魔理沙のディエル

魔理沙「ドロー 私は熟練の魔術師召還!! さらにフィールド魔法都市エンディミオン!! んで魔力掌握発動 熟練の魔術師に魔力カウンターを1個のせるぜ 

さらに効果発動!! 熟練の魔術師を生贄にブラックマジシャン特殊召還!! ターンエンド」

ルナは目を丸くして魔理沙のプレイを見ていた

ルナ「何よ! 最初からそんなに強いモンスター出して!!」

魔理沙「で生んだからしょうがないだろ!!」

ルナは手札を見た

ルナ「まあいいわ私の手札にはなんか強そうなカードがあるもの!! 私のカードを一枚引くわ! 強そうなモンスターって言うのは

こいつよ!!  モンスターを一体伏せてターンエンド」

魔理沙も周りで見ていたみんなもみんなで突っ込んだ

「裏で出したら見えないでしょ!!」

ルナ「だってそうじゃないと意味無いもん!!」

魔理沙「まぁいいあ ドロー 私は王立魔法図書館を召還! さらに死のマジックボックス発動!」

そこでルナが小説初のチェーンをかけた

ルナ「緑の宣告者の効果発動!! 手札の天使とこのカードを捨てて 魔法の発動を無効にして破壊するわ!!」 




今回はここまで!!


しか?し 突然ですがクイズです!!

Q1 ”?”とは誰でしょう!!

Q2ルナのモンスターは何でしょう?

さて答えられるかな? ちなみに4話ぶんとちょっとまでは書いています! 

なのでもう答えは決まってます!

答えは来週の小説内で発表!!





あとプレ企応募してね!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

熟練の黒魔術師やエンディミオンにカウンターが乗るのとかめんどくさいと思うけどカードの効果を書いた方がいいんじゃない?


魔理沙LP:8000
手札:2枚
フィールド:ブラック・マジシャン
王立魔法図書館(カウンター0)
セット:魔法都市エンディミオン(カウンター1)


ルナLP:8000
手札:3枚
フィールド:セットモンスター×1
セット:なし


とかエンドフェイズ事に書けば分かりやすいんじゃない?自分も間違えずに済むし。
音楽(選択してね)
Copyright(C)2006 製作者:るぅー
プロフィール

吉田 た

Author:吉田 た
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vivid2巻(ヴィヴィオ)
twtter
フリーエリア
Powered by FX-WOM
TOHO CLOCK
お世話になっている方々のリンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
常に1
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
拍手
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ヴィヴィッド2巻(アインハルト)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。