スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレメントライダー9話

 三年生になってから僕は、自転車に乗り、旅をしながら写真を撮る事に熱中し始めた。行き場

所は僕のファイター達が勝手に決めてくれる。自ら決める事もあるが彼らが選択する場所の方がと

ても良い写真が撮れるから、ほとんど彼らに任せていた。


 カメラの機種はもちろん自分で決め、景色に対応して撮影方法や機種を変える。機種の中でも、

最も不思議な光景を撮る事のできる魚眼レンズのカメラが僕の使い手である。まるで自分が魚にな

ったかのように景色全体が円形に映し出される。さらに一齣に二、三回ほど違う景色を重ねること

も可能なのである。

 そのカメラを持って出かけた。道路を走るバイクと同じくらい自転車を跳ばした。目的地は桜の

咲いた木々のある公園だった。自転車を降りようとした時、何かを感じた。怪しい風も吹き始め

た。満開の桜を撮りながらこの先何が起こるのか考える。その時アイスが言った。

「これで皆集合した。遼太郎、君はもうエレメントライダーに変心できるから変心してみてく

れ。」

かばんの中にコピーエレメントとカードデッキが入っていた。家に置いて来たはずなのに。

「人がいるこの場で変心しろって言うのか。」

「どこでも良い、早くしてくれ。俺達はこの時を待っていたんだ。」

自転車に乗り、人がいないところに行って装着。自分自身もドキドキしていたこの時。

「変心っ。」

の掛け声とともに、アイスのカードを挿入した。すると体がアイスによって操られた。

「これが俺の…姿か… 。」

僕の体に変化は無いが、彼の方に変化があるようだ。非常に驚いている。

「私にチェンジ。」

フレイムのカードも挿入した。

「素晴らしいっ、見なさい。私の炎の鎧を。」

彼も驚いている。彼の鎧を見てみたかったが見えない。僕にはただのスポーツシューズ、長ズボ

ン、パーカーにしか見えない。サンダー、エアー、ダーク、そしてウォーターのカードも挿入し

た。

「俺にはもう一つアイテムが必要なのかもしれないな…。このホルダーに、何かが入ると思う

が…。」

とウォーターが言う。ゴム銃ならいつも持ち歩いている。いつでも射的の敵が出現しても対応でき

るようにいつでもどこでも持っている。射的も趣味の一つでもある。一応ウォーターに自作のゴム

銃を見せたが、ホルダーの大きさに合わないという事で新しく作る事にした。

 写真を撮り終え、再び目的地に向かうため、自転車を跳ばした。

 到着したのは神社。写真も撮れるし、願い事も祈願できるまさに一石二鳥の場所。だが周囲に何

人か分からないが気配がしていた。

「ここか、変な事が起きる場所は。」

 撮影するため、石段を上がろうとした時、

「不審者が神社に来たぞー。」

森本翔太の声だった。かばんの中にカメラを入れ、後ろを振り返った。エアガンを持った七人の男

が立っている。

「なんて心が小さい人間だ。」

帰ろうとしたが囲まれて帰れない状況になった。

「何か御用ですか。」

すると彼らは僕から少し離れてエアガンをセット。再び言ってみた。

「俺をいじめに来たんですか、それなら正面から素直にいじめたら良いじゃないですか。俺はも

う…弱者ではない…。」

そして無色の戦士、エレメントライダーのカードを取り出しコピーエレメントに挿入。

「変心…。」

彼らとの戦いが始まった。彼らが発砲する弾をできるだけ多く避け、一人を殴り技、フレイムクラ

ッシュで殴り倒し、輪を脱出する事ができた。

「せっかく相手が七人いるから、遼君、後は僕たちに任せてよっ。変心っ。」

彼はダンスの動きを取り入れながら弾を避けている。ウィンドキックを一人に全てヒットさせてし

まったのか、敵の一人が地面に倒れ込んだ。

「このライダーシステムすごい。」

ウォーターに変心しながら思った。

「俺も思う、確かにすごい。」

彼も同じ事を思っていた。

「カードデッキを開けてくれ…。こいつを使ってやろう…。」

彼が取り出したカードに驚いた。実在した、スピードリミット。挿入した時、彼は言った。

「お前には予知能力がある、大切にしておけ。少し我慢しろ。」

急に動きが速くなった。エアガンの弾が遅く感じた。

「おもしろい…このゲーム。」

彼は接近して行く。その時着ていたパーカーが青くとても堅そうな防具に変わった。ズボンもスポ

ーツシューズもまるで軽くて頑丈な鎧を着ているようだった。敵の背後に回り込んだ彼はそいつの

首を閉め、盾のように使って弾を跳ね返した。




ここからエレメントライダーの本題に入る感じだそうです

あと来週エレメントライダーの絵を入れます(天道さんが描いたやつ)

他にも、もしイメージで絵を書いていただいた方がいたらその方の名前とともに紹介します

ようするに最低1枚 メールが来たらそれらを全て紹介する感じです

もちろんイメージなのでどんな絵でもかまいません

書いた方はメールください(メールしたとコメもください)

メールは
yosidata1603@yahoo.co.jp
にお願いします
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

敵をつかんで盾に…。なんかすごい。

No title

 エアガンは避けた事無いですけど、祭りの時によくくじで当る吸盤付きの銃なら跳ね返した事はあります。スピードリミット使うとやはり想像以上の力を発揮しますよ。

No title

敵を盾に・・・ってエヴァの旧劇場版でそんなシーンあった気がする

No title

 エヴァンゲリオンは見た事無いので使いません。いや、使えません。

No title

ウォーター怖いですね。敵との戦いをゲームだなんて…。前回に登場した悪の天道さんはこれからも出てきますか?もし出て来るのであればいつでしょうか?教えてください。

No title

 それは…ちょっと分かりません。

No title

 なにが愛だ、半分の愛だ…、俺には誰も俺の心なんか、読めるはずが無い…。そして孤独、全部分かりきってた事。
音楽(選択してね)
Copyright(C)2006 製作者:るぅー
プロフィール

吉田 た

Author:吉田 た
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
vivid2巻(ヴィヴィオ)
twtter
フリーエリア
Powered by FX-WOM
TOHO CLOCK
お世話になっている方々のリンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
常に1
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
拍手
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ヴィヴィッド2巻(アインハルト)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。